最新情報


令和元年7月26日
  定期総会時の記念講演会(パネルディスカッション)の写真を掲載します。
  座長:田中雅之さん(名古屋市総合リハセン、本会副理事長)
  講師:松枝孝志さん(名古屋市総合リハセン)
      星野史充さん(名古屋ライトハウス)
  体験談:竹内和沙さん((株)山田商会ホールディング・経営管理本部総務部勤務)
        原田恭宏さん(名古屋国税局総務部企画課勤務)
  体験談をお話しいただいたお二人は、中途視覚障害でロービジョンの方です。視機能の低
  下からリハビリテーション(生活訓練・職業訓練・カウンセリング)を受講され、現職に就い
  ていらっしゃいます。
  講師の星野さんは30年前に失明され、ご自身の就労までの体験談と現在のお仕事につ
  いてお話ししていただきました。
  当事者の努力(情報収集)も大切ですが、家族・支援者(歩行指導などリハ専門職・就労支
  援)・受け入れ企業の連携が大切であることが、再確認された講演会でした。
 

 

 

 

令和元年6月29日
令和元年度定期総会と記念講演会(パネルディスカッション)が無事終了しました
演題:愛知県における視覚障害者の就労支援の現状と課題
場所:名古屋市総合リハビリテーションセンター
    名古屋市瑞穂区弥富町字蜜柑山1−2
☆講演会時の情報は後日掲載いたします。
☆定期総会の最後に本協議会発足時から会計を担当していただいた、副理事長 川原恵さん
 に感謝状が授与されました。記念品はTDLミズホの機織機で製作した「コースター」と「敷物」
 です。